東京湾・相模湾の沖釣りのススメ

東京湾・相模湾を中心とした沖釣り(船釣り)の話と、たま~にワインの話

【釣行記】2019/3/30 孫武丸 真鯛仕立 フランシス・ブラール

 

2019年3月30日

のっこみの時期のため真鯛狙いで仕立てみました!真鯛ロッドも新調しやる気十分!

つり方、釣果などを報告します。

 

 

今回のターゲット

真鯛 

船宿

三浦半島 間口港 孫武

magotakemaru.com

仕立専門。船でかいし、親切な船長と、息子さんっぽい中乗りさんが優しくサポートしてくれます。

ポイント

剣崎沖

タックル

ロッド

ダイワ リーオマスター SX 真鯛 S-270 

f:id:fishingandwine:20191231221702j:image

楽天にてほぼポイントにて購入。従来のゲームロッドでは、波の上下で揺らされていた感有。

リール

シーボーグ 300J-L

クレハ シーガー PE X8 400m 3号


 

 

仕掛け

ダイワ リーディングアームII Φ1.6-600 形状記憶天秤

ステンカン80号

自作真鯛仕掛け 4号6m、テーパー6号2m

 

釣行

▼初めての間口港。駐車場は広く船着場も近いため便利。朝のうち非常に北風強い。

f:id:fishingandwine:20191231221535j:image

▼出船前に真鯛釣のレクチャーを丁寧にして頂けました。
f:id:fishingandwine:20191231221525j:image

出船時間となり、風が強く波をかぶりながらの出船。

剣崎沖は15分程度。

風のため回収後のロングハリストラブルに悩まされる。
前半渋くノーヒットが続く。そんななか中乗りさんは真鯛ゲット。

中盤よりコマセ同調とマルキュー付餌パウダーのお陰かマハタ、イサキ、アジの連続ヒット。
後半ダレるも、水深65mにて、いくつかバラしながらもアジを追加。

f:id:fishingandwine:20191231221532j:image

孫武丸は大型船で親切で非常に良かった。常に循環水も流れてた。
(その際でハリストラブルはあったが。次回カセ巻きを用意せねば)


帰りに船宿に立ち寄り、皆でうどん頂きました。

f:id:fishingandwine:20191231221519j:image

▼美味しいうどん。
f:id:fishingandwine:20191231221529j:image

 

釣果

マハタ、アジ6、イサキ2

f:id:fishingandwine:20191231221046j:image

中盤よりコマセ同調がうまく行ったのかも。
慣れればもう少し釣果増やせそう。

料理

マハタは内臓抜いてしっかり熟成。

f:id:fishingandwine:20191231221137j:image

マハタの胃袋と肝臓
f:id:fishingandwine:20191231221145j:image

▼アジ・イサキは刺身に。
f:id:fishingandwine:20191231221148j:image

▼アジフライも
f:id:fishingandwine:20191231221152j:image

マハタの肝と胃袋は湯引いて、ポン酢で。
f:id:fishingandwine:20191231221141j:image

▼皮も湯引き

f:id:fishingandwine:20191231221349j:image

▼熟成後のマハタ刺身。
f:id:fishingandwine:20191231221353j:image

マハタのしゃぶしゃぶ

f:id:fishingandwine:20191231223250j:image

▼フランシス・ブラール レ・ミュルジェ・ブリュット・ナチュール NVとあわせて頂きました。
f:id:fishingandwine:20191231221345j:image


 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 釣りブログへ ←1クリック応援よろしくお願いします
にほんブログ村