東京湾・相模湾の沖釣りのススメ

東京湾・相模湾を中心とした沖釣り(船釣り)の話と、たま~にワインの話

釣り師のための魚を捌く包丁などの道具

 

ヌシは今は、魚をキハダだろうがシロギスだろうがおろしておりますが、沖釣りを始めた直後はまったく捌けませんでした。

嫁がさばいてくれない!釣った魚を自分でさばいてみたい。といった場合にどんな包丁を用意したらよいか記載してみます。

 

 

 

出刃包丁

▼ヌシは、ステンレス製の出刃包丁150mmを使用しています。

f:id:fishingandwine:20200126150415j:image

まずは、これがないと始まりません。三徳包丁では、間違いなく刃こぼれします。

よほどの小魚でなければ、3枚おろしから皮引きまでこれ一本で十分です。キハダマグロもこれで大丈夫でした。

 105mmのものもございますが、大物をおろすには150mmくらいあったほうがいいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

貝印 出刃包丁 関孫六 銀寿 本鋼和包丁出刃 105mm AK-5200 4901601399516
価格:3202円(税込、送料無料) (2020/1/26時点)

楽天で購入

 

 

刺身包丁

▼鋼製の刺身包丁です。

f:id:fishingandwine:20200126150432j:image

 鋼性のほうが切れ味がいいですね。ただし、ステンレス製とは違いすぐ錆びます。

研ぎ方が難しいですが、慣れたいならこちらのほうがおススメです。


 

 

冷凍包丁

▼キハダの解体用に購入しました。キハダの背骨断ち切り用に使用しました。キハダの場合出刃でも不可能です。

f:id:fishingandwine:20200126150441j:image

真鯛の兜割りなどは、正中線にそって刃を入れることで、可能なんで本来こんなものいらないのですが、キハダの頭を落とすには、鋸レベルの刃物が必要です。

なかったら分離できませんでしたね。

価格的にはお求めやすいので1本あってもよいかも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●送料無料●冷凍ナイフ 包丁 190mm 本通し モリブデン鋼「濃州正宗」 WY007
価格:1400円(税込、送料無料) (2020/1/26時点)

楽天で購入

 

 

ぺティナイフ

▼Dean & deluca ディーン デルーカ ペティナイフ f:id:fishingandwine:20200126150435j:image

 忘年会の景品のカタログギフトで入手しました。薄刃でよく切れます。キハダのほほ肉をそぎ落とすのに使いました。シロギスなどの小物にもよいと思います。

 

その他のアイテム
f:id:fishingandwine:20200126150438j:image

うろこおろし

小物のうろこおろしには、ペットボトルのキャップを使う技が有名ですが、真鯛などは専用品を使いたいです。ダイソー100均ですが、そこそこ使えますよ。

 

骨抜き

中骨は面倒だと切り落としてしまうんですが、あまりにも魚が小さい場合、抜いてしまわないと食べる部分が少なくなってしまいます。

 

ササラ

血合い除去用に購入しましたが、大きくて使いにくいです。

 

砥石

何気に一番重要かもしれません。

f:id:fishingandwine:20200126205945j:image

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ(1000)を使っていますが、本当はエンジ仕上砥(5000)も必要かと思います。


 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ ←1クリック応援よろしくお願いします
にほんブログ村