東京湾・相模湾の沖釣りのススメ

東京湾・相模湾を中心とした沖釣り(船釣り)の話と、たま~にワインの話

クラーケンのお子様の釣果が上向いてきましたよ!

 

鹿島や外房で50超えの釣果が船宿から報告され始めましたね。

次の釣行のターゲットの候補としたいと思います。

 

 

ヤリイカとは

www.zukan-bouz.com

寿命が一年なんですよね。甘味があって、透き通っていて、しこしこして非常に上品。冬の貴婦人といわれるヤリイカ

一度生き造りやってみた~い。

イカで有名な神奈川県の港

長井港

一年中イカを追い続ける船宿が軒を並べております。

 

タックル

ロッド

イカ専用竿:1.5m~1.8m
一日中しゃくり続けるので、短い竿が望ましい。錘も120~150号なのでそれなりに重労働。

リール

電動中型リール PE3,4号 300m以上巻けるもの。

シーボーグ300J/500JS、フォースマスター1000/3000など

ヤリイカはそれほどではないが、スルメの多点掛けは重量感たっぷり。

仕掛け

イカサビキ プラヅノ3本角~扱えるだけ。

プラヅノ8cm、12cm、18cmありますが、主に8cm。

錘120号、150号

ヨリ取りリング、5連サルカンなど

相模湾ではシングルカンナが主体。駿河湾、房総ではダブルカンナもある。

ブランコ仕掛け、直結仕掛けの2種類。

おもなポイント

沖ノ瀬沖

洲ノ崎沖

長井沖

城ヶ島

小田原南沖

水深

200m前後

 

釣り方

  1. イカヅノ投入機に仕掛けをセットし、船長の合図とともに錘を前方に投入
  2. ヤリイカは底がポイント。底まで錘を落下させ、船長の指示棚でプラヅノを躍らせ誘う。
  3. 仕掛けに触ると、あたりがあるので、当たりがあるとゆっくり巻き上げ、追い乗りを狙おう
  4. 中速で巻き上げる。

仕掛けの取り込み方

カンナには返しがないので、仕掛けを緩めないようにイカを取り込みながら、投入機にプラヅノをセットする

あると便利なアイテム

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ ←1クリック応援よろしくお願いします
にほんブログ村