東京湾・相模湾の沖釣りのススメ

東京湾・相模湾を中心とした沖釣り(船釣り)の話と、たま~にワインの話

初心者向けアマダイ仕掛けの作り方

 

年明け第1弾の釣行は、相模湾アマダイ釣りに行こうと思っていますので、アマダイ仕掛けを新調したいと思います。

アマダイの作り方をご紹介いたします。

 

仕掛け全体像

全長2mの2本針で作成します。

ちょうどぶら下げたときに1m間隔で針が存在する感じです。枝針はクレンサルカンで接続します。漁師結びがやりやすいと思います。

f:id:fishingandwine:20200104204354p:plain

アマダイ仕掛け全体像

 

針について

オキアミ餌が外れにくいケン付きがベストですが、なくてもかまいません。

丸海津、チヌ針、真鯛針なんでもいいですが、ひねりのつよいものや、太い軸のものは必要ありません。

ハリスについて

3号前後。4号だとちょっとオーバースペックかもしれません。

真鯛ほどシビアではないので、ブランドはそんなにこだわってはいません。

筆者はサンライン トルネードBASIC船ハリス 3号を使っています。


 

ガン玉について

あまりにも潮が早い場合に仕掛けが吹き上がるのを防ぐためにガン玉を用意しておくとよいと思います。親針の20~30cmくらいの位置にガン玉Bを打ちます。

クッションゴムについて

私はクッションゴムは棚ボケしそうなので基本使いません。お好みでどうぞ。

天秤について

弓型天秤が基本。積極的に合わせていく釣りではないので、向こう合わせで自然にかかるタイプがよいと思います。

 

作り方

針ですが2種類用意しました。ササメ カラーチヌ3号とインブライトアマダイ13号。

f:id:fishingandwine:20200104205746j:image

 

枝巣の接続にはクレンサルカンの他、ビーズも使えます。今回はクレンサルカンを使いました。

f:id:fishingandwine:20200104205754j:image

夜光玉も色々ありますが、今回ピンクとグリーンをつかいます。
f:id:fishingandwine:20200104205901j:image

天秤との接続にスナップスイベル
f:id:fishingandwine:20200104205919j:image

ハリスはサンライン トルネードBASIC船ハリス 3号です。
f:id:fishingandwine:20200104205857j:image

 

 

まずは、親針用120cmハリスと枝針20cmハリスを結び用意します。
f:id:fishingandwine:20200104205923j:image

▼あとは、クレンサルカンに漁師結びで結びつけるだけ。簡単ですね。
f:id:fishingandwine:20200104205909j:image

仕掛け巻きに巻き付けて完成。2セットづつ作りました。こちらはピンク。夜光玉のサイズを変えてみました。
f:id:fishingandwine:20200104205913j:image

こちらはカラーチヌ針グリーン。
f:id:fishingandwine:20200104205906j:image

釣行が楽しみですね!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ ←1クリック応援よろしくお願いします
にほんブログ村